ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)♪♪誕生石を使ったアクセサリーはコチラから♪ ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

2006年12月09日

12月:ターコイズ(トルコ石)・ラピスラズリ(瑠璃・青金石)・ジルコン(風信子鉱)・ブルートパーズ・タンザナイト(黝簾石(ゆうれんせき)

ぴかぴか(新しい)ターコイズぴかぴか(新しい)
ターコイズ(トルコ石):12月の誕生石
トルコ石(とるこいし, turquoise(ターコイズ))は、青〜緑の色を持つ不透明な鉱物で、その美しいその色合いのために、数千年の昔から装飾品とされてきたました。硬度:6
主産地:アメリカ・イラン・エジプト・中国・チベット・ブラジル・オーストラリアなど
宝石ことば:成功

★ターコイス(トルコ石)ペンダント・ネックレスはコチラ★
★ターコイス(トルコ石)のリング・指輪(ホワイトゴールド)はコチラ★
★ターコイス(トルコ石)のリング・指輪(シルバー)はコチラ★
★ターコイス(トルコ石)のピアスはコチラ★


ぴかぴか(新しい)ラピスラズリぴかぴか(新しい)
ラピスラズリ:12月の誕生石
ラピスラズリ(Lapis lazuli)は、深い青色〜藍色の宝石で、和名は瑠璃(るり)。エジプト、シュメール、バビロニア等の古代から、宝石として、また顔料ウルトラマリンの原料として珍重されてきました。日本ではトルコ石と共に12月の誕生石とされています。
「ラピス」はラテン語で「石」、ラズリはペルシア語→アラビア語"lazward"(ラズワルド:天・空・青などの意)が起源で「濃青の空の色」を意味しています。硬度:5〜5.5
主産地:アフガニスタン・旧ソ連・チリ・アメリカ・カナダ・ミャンマーなど
宝石ことば:真実・高貴

★ラピスラズリのリング・指輪(ホワイトゴールド)はコチラ★
★ラピスラズリのリング・指輪(ゴールド)はコチラ★
★ラピスラズリのリング・指輪(シルバー)はコチラ★


ぴかぴか(新しい)ブルートパーズぴかぴか(新しい)
ブルートパーズ:12月の誕生石
トパーズ(topaz)は、水晶より少し硬い石です。和名は黄玉(おうぎょく)。フッ素やアルミニウムを含むために、様々な色がありますが、宝石としては淡褐色のものが上質とされています。加熱や放射線照射などで色が変わります。結晶の上下方向に劈開性があるため、強い衝撃を与えると内部亀裂が発生することがあるあります。
トパーズ自体は11月の誕生石ですが、様々なカラーバリエーションのあるトパーズの中で、青いものをブルートパーズと呼び、12月の誕生石とされています。色が美しい天然の物は意外と少ないと言われております。

★ブルートパーズのリング・指輪(ホワイトゴールド)はコチラ★
★ブルートパーズのリング・指輪(ピンクゴールド)はコチラ★
★ブルートパーズのリング・指輪(ゴールド)はコチラ★
★ブルートパーズのリング・指輪(シルバー)はコチラ★
★ブルートパーズのペンダント・ネックレスはコチラ★
★ブルートパーズのピアスはコチラ★



ぴかぴか(新しい)タンザナイトぴかぴか(新しい)
タンザナイト:12月の誕生石
タンザナイトとは、青〜青紫色の宝石のことを言います。鉱物の分類では、黝簾石(ゆうれんせき zoisite)と呼ばれます。緑簾石(epidot)の一種として分類されることもあります。
1960年代にタンザニアで、宝石として流通に耐えうる良質の鉱物が発見され、これをアメリカ合衆国の宝石商ティファニーが見いだし、宝石として知らしめたことでその価値も注目度もアップしました。
青色の透明色をだすためには、原石を加熱加工する必要があります。

★タンザナイトのリング・指輪(ホワイトゴールド)はコチラ★
★タンザナイトのリング・指輪(ピンクゴールド)はコチラ★
★タンザナイトのリング・指輪(シルバー)はコチラ★
★タンザナイトのペンダント・ネックレスはコチラ★
★タンザナイトのペンダントトップはコチラ★


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。